一軒家

防犯カメラを設置する方法|犯罪を未然に防ごう

鍵

鍵屋さんに依頼しよう

急いでいて鍵を無くしてしまったら、速やかに解錠を専門とする業者に依頼しましょう。こうすることによって二次トラブルを防ぐことができ、安全を確保することにつながります。

もっと読む

カギを持つ女性

自分で安全を確保しよう

最近では犯罪が巧妙化しており、安全だと思われている自宅が現場となってしまう場合もあります。自分の身は自分で守るしかないので、鍵交換がされているかきちんと確認することが大切です。

もっと読む

犯罪を未然に防ぐ

カメラを持つ女性

セキュリティーが重視されている現代でも、日々犯罪は巧妙化しており、その度に新しい防犯カメラの開発が進んでいます。しかし、防犯カメラを設置するには高額な費用が必要でした。費用を少しでも抑えたい方はホームセンターなどに行けば防犯カメラが売られていることもあります。自分で防犯カメラを設置する際には気をつけておかなくてはいけないことがいろいろあります。設置する位置と角度によってカメラで撮ることができる場所が限られるのです。1台以上設置するやり方のほうがうまく不審者をとらえることができますが、お金をあまりかけたくないといった場合には、家の周りの死角となるところを探して設置することがベストです。防犯カメラを設置する時に用意しなければいけないものがたくさんあります。カメラ本体以外にもACアダプターやケーブル、コネクタなどが必要になってきます。全てまとめて販売されているものを選ぶと、高くても4万円前後で取り付けることが可能です。また、録画機能が付いているものを選んだ方がはっきりと犯罪などの証拠を残しておけるので念のために設置しておくのがいいでしょう。映像を綺麗に映すことのできるハードディスクなら10万円前後かかってしまいます。安いものがいいならSDカードにインプットすることができるものは3万円前後で購入することができます。一人暮らしの女性でも簡単に取り付けることができるので、市販の防犯カメラを付けておくと犯罪を未然に防ぐことができます。

カギ

さまざまな鍵の種類

最近では鍵を持っていなくても解錠できるものがあり、鍵交換をするだけで使用できるセリュールオートロックが人気です。また、専用のリモコンを使うと遠くからでもドアを開けることができるので、家事などの途中でも開けることができます。

もっと読む